CROSS TALK クロストーク
SCROLL
社長研修を終えて-将来のビジョン-
クロストーク第1弾企画!2020年4月入社のこの2人!
『髙橋×多川』

社長研修を終えて、ビジョンを固めて帰ってきた二人にインタビューをしました!


【Q1】社長研修を終えて
髙橋 : 率直に社長研修を終えてどうだった?
多川 : そうだね。
3日間社長と髙橋君と植木課長と4人で過ごしたけど、本当に22年間一番自分を見つめたんじゃないかな?と思う3日間だったし、純粋に楽しかったなぁと思う!
髙橋 : そうだね。
このコロナ禍であんまり多川に会う機会がなかったから、久しぶりに多川に直接会えて本当に良かったなぁと。
社長と植木課長と3日間一緒に過ごすって、すごい大事な機会だったし、色々応援して頂いて、“いわいファミリー”でよかったなぁ、“いわいファミリー”に入れて良かったなぁと思った3日間だったね。


はい!それではじゃあ質問内容の1番に移らせて頂きます。(笑)
多川 : はい!(笑)
多川 : まぁ1番としては自分の将来像といったところを真剣に考えるようになったなぁというところが一番かな?
多川 : 仕事中だけでなく家にいる時も、ふと自分はどうなりたいのかな?と思うようになったなぁとというところが一番かな。

社長研修を通して自分の中で一番変わったところとしては、自分がどんな性格なのか、どんな考えをもっているのかっていう事をまず【知った】事。
それを受け止めて、次にどう改善していくかが成長課題だと自分の中で知れたことが大きかった。課題を克服するためには本を読む事が大事と聞いたので、本を読み始めたよ。

もともと本を読む事がすごい苦手で、娯楽に走る事が多かった人生なんだけど、やっぱり、成長する為に自分に必要だと思ったんであれば、自分の考えに責任を持つ為にも本を読み続けるよ。

本を読む事で、【伝えたい力】がつくと思っていて、偉人や、経営者の方が書いている本で、そういった方々の考えを吸収し、自分の軸が出来れば自分に足りない『~すべきだ』という責任感が形成されていくと思っている。本を読む!と決めたのであれば、それを実行する事が今の自分には必要だと感じている。

そこが社長研修前と研修後で変わった行動では、ここが一番変わったかな?という風に思っている。
髙橋 : さっき多川が伝えたい力をつけたいって言った事なんだけど、【伝え方が9割】っいう本をオススメするよ!
多川 : ちょっと読もうかな(笑)

入社後に社長から頂いた日本電産のfaxの本を読むのが4周目に入ってて、前に読んでる時から1カ月くらいあいて、感じ方が違うんだよね。
髙橋 : 感じ方??
多川 : そう!6番が特にさ、自慢話が飛び交う会議にしろっていうfaxがあるんだけど、今、営業MTGに参加させてもらっていて、実際に肌で感じる部分があって、あの文章自体の捉え方が変わってくるなぁと感じる事がすごく強くて。
髙橋 : (うん、うんとうなずく)
多川 : MTGに参加させてもらう前だと、想像でしかないから結構あやふやにどんな感じなのかなー?って思っていたんだけど、実際営業MTGに参加してからあの文章を読む事で、より深く入ってくるなぁーと感じて。
そういう意味でもあの『42枚のFAX』読み返すことがすごくいいなぁって思ってて、そこにプラスして(髙橋君オススメしてくれた本)伝える力?だっけ
髙橋 : 【伝え方が9割】(笑)
多川 : 【伝え方が9割】の方も、1冊だったら読めるじゃん。3つとか4つとか手を出しちゃうと、読めなくなっちゃうけど2冊だったら少しずつ読んでいこうかな?って。
多川 : 見てて気になってたんだけど結局本嫌いだから買わなかった!っていうのがあって(笑)
髙橋 : (笑)
髙橋 : ぜひじゃあ、読んで感想教えて!あれは面白いから!
日本電産の本は500回を目標に?
多川 : そうそう!500回をね!
俺の今のペースだと3年くらいかかるのかな?
分かんないけどしっかり読んでいって、1年後と絶対感じ方違うじゃん!
それもちょっと楽しみにしていこうかな?って。
最初読んだ時、業務入って読んだ時、1年後、3年後とか絶対感じ方違うから、ボロボロになるまで読もうかな?って。
髙橋 : そうだね。お互い500回読んだ時もっとなんか違うところにいそうだしね(立場が)
多川 : うん。それにどんな話が出来るのかなー?っていう楽しみもあって

次会った時に、感想を伝えられるようにするよ!
髙橋 : そうだね。いつ会えるかわかんないけどその時に感想を!
髙橋 : じゃあ、次は俺ね。
社長研修を終えて自分を見直す機会がすごくあって。
過去の自分や今の自分を見つめてみたり、多川の過去のエピソードを聞いたり、部屋の中でもいろんな話が多川と久しぶりに出来たりとかがあって。。。
社長と植木課長が見せてくれた動画も、いろんな人達がそれぞれに考えていて可能性は無限大だなぁーと思ったし、自分たちはもっともっとやれる事がたくさんあって、自分たちで決めた新しい風というキーワードはやっぱ忘れないでいたいなぁと思う!
多川にもずっと忘れないでいてほしい。

社長研修できっかけをもらって、やっと将来ビジョンが固まった。死ぬときから逆算して発表させてもらったんだけど、85歳くらいまで生きて、葬式には今まで関わってきた沢山の人が来てくれて、ありがとうって言ってもらえたら自分がやってきたことが報われたなぁと感じる。その葬式に多川が来てくれるかわからないけど(笑)

多川 : どっちが先に死ぬかわからないから(笑)生きてたら行くよ!(笑)
髙橋 : どっちが先に死ぬかわからないし、自分が関わってきたいろんな人達にきてもらいたいな。って思う。

まずは先日営業エリアの配置について発表があったんだけど、やりがいもある。問題とか障害とかもでるかもしれないけど、今は楽しみにしつつ、でも能力がないと何もできないから先輩に教えてもらいながらやっていこう!と思ってる。
次の質問に行く前に、興味深々に植木課長が尋ねた。。。。
『研修に行く前、研修に対する印象はどうだった??』
多川 : イメージだと模造紙で行うワークやディスカッション形式の講義をやりながら2人で意見を出すとかなのかな?と思ってた。でもそれでも3日って長いかな~?って。(笑)
髙橋 : そうそう!俺も2泊3日って長いなって思った!
2泊3日間の期間をもらえたのはものすごくうれしいけど、何をするんだろう?2泊3日の中で!ってトイレで話してたよね(笑)
多川 : そうそう!めっちゃ話してた!(笑)
イメージだけだと1日で終わるんだよなって(笑)
髙橋 : 先輩たちもあんま教えてくれなくて、全部出し切ってこい!しか言われなかったからさ(笑)

でも、たくさんの感情がでたよね。
研修内容が成功だったと感じられて、植木課長ニンマリ(^^♪

2人も少し緊張がほぐれてきて、会話が弾む♪
普段の二人の空気感が出てきた。

【Q2】同期として、ライバルとして、お互いの良い面の気づきは?
髙橋 : みんなから多川と俺、真逆だよね!ってよく言われるんだよね。
多川は、自由に明るいイメージ。
俺は真面目。
だからいい刺激合いをしてるよね!
多川 : そこは、すごく思うよね!
一緒じゃないから色々吸収できるし、自分が足りないところを持ってるからいつも髙橋のいい所、全部吸収したいな!って。。。
全然ちがうんだよね、視点が。自分と180度違うからこういう考え方があるんだ!こういうまとめ方をするんだ!とかこういう話し方するんだ!とか。いつもすごく勉強になってるんだ!

社長研修の時のプレゼンも見て思ったんだけど、あの場面でも落ち着きがすごいあるし、しっかり構成取れてるし、起承転結を言われたとおりに出来てるし、こういくべきだ!という一本の軸が見えてる。
髙橋 : 一本の軸が見えたっていうのは、やっぱり社長研修があったから作れたと思う。
やっぱ多川は自分に持ってないものを持ってるから、改めて同期が2人しかいないっていうは最初少ないなぁって思っていたけど、逆に2人だからこそ仲良くなれたスピードというか!
しかも真逆の人じゃん。めちゃめちゃ自然な感じで打ち解けたよね。
多川 : そうだね~、話してどうのこうのじゃなくて、気付いたら話せるようになってた気がする。
内定式の時もよそよそしくなかったじゃん。部屋も一緒でさ。敬語も最初からなかったし、プライベートの話もすぐ話してたし。いつ仲良くなったかわかんない(笑)
髙橋 : だね。9月から営業になったら、目標数字を持たせてもらう。同期でもありライバルでもあるから、色々状況下はちがうけど、毎日数字は見れるじゃん。
多川 : 電話したりもね、お互い分からなかったところを聞きあって、どうしてる??とか。
髙橋 : うんうん。
俺の考える視点とさぁ、多川の考える視点が違うからさ、そういうアプローチも次やってみようかな?とか思うから。これから電話の回数が増えるかもしれないね!
多川 : 確実に増えるね!(笑)
それに、自分の範囲内で答えられない事とか、これムリだな!って思った時とかにさ、逆に聞けるな!って。
髙橋もってんじゃん!って電話してどうしてる?どうやってやってる?とか聞きやすいなって。
髙橋 : エリアによって、扱う商材も違うから得意になるものもあれば、触れた事のない商材もがでるらしいからさ
髙橋 : 俺は本社で多川は東京だから違う商材を使う事が多いから、その時はすぐに多川に相談するから!
(手を膝に乗せ照れながら頭を下げ)
『そこはお願いしますね!』
多川 : (それを受け、照れながら)
『それは、こちらこそ(笑)』
髙橋 : 助け合えるように自分たちで勉強しないとね!
多川 : そうだね もっと勉強しないとね!
そういや前より連絡が取れない時も増えたよね。
髙橋 : そうだね。
最近9月からの営業に向けて結構ツメツメでやってるから、あまり連絡とれてないけど、コロナ落ち着いたら土日にね。
多川 : そうだね!話す事溜め込んで、自慢できる事を作っておきたいな!!(笑)
髙橋 : じゃあ、次会うときは、自慢が飛び交う飲み会って事で!!
多川 : そうだね!自慢が飛び交う飲み会!!
結構それさー、普通に考えると難しいよね(笑)自慢話が飛び交うって!
多川 : 居酒屋でおじさんとか見てるとさ、自慢話してない人多いなって思ってて。
社会人のイメージがさマイナスなイメージを持っている学生も多いじゃん。そうじゃないよ!っていうイメージも見せたいなって!
髙橋 : 説明会の時に社長が言ってたじゃん。
ご飯食べながら話す事は文句や不満ではなくて、自慢できる事とかもっと明日からこうしよう!とかさ。
その方が楽しいしね、一緒にご飯食べてて。
多川 : うん。そうだね。
営業に出た時に、お互い無いものを補える関係がいい部分だよね。ライバルとしては数字とか気にする面だと思うけど、負けたらマイナスに捉えるのではなくて、どうやって達成できたのか肯定的に捉えて、何をしたのかどんどん前のめりに聞けるような関係が一番いいなと思ってて。
髙橋 : そうだね!やっぱ全営業マンが達成した日はもうすごいだろうね!
多川 : 社内全体が明るくなるだろうね!
だからこそ笑顔が溢れるんじゃないかな?って。
髙橋 : (うなづいて)営業になったからには数字を貪欲に追いかけないといけない部分だから。
そこは自分に責任を持って。責任感だよ。責任感。
多川がまだ足りてないところ(笑)
多川 : 確かに髙橋と比べれば確実に足りないけど、、、俺にはまだない!っていうと自分を否定する事になるから(笑)足りてない!っていう表現かな??
これからはしっかりとつけていって、いっぱしの営業マンになる!っていうのが目標だし、そこに向かって貪欲に突き進んでいくよ。
髙橋 : うん!もう稼働日少ないじゃん。
だから1日1日大事だから、9月に向けていい準備をしていこう!
多川 : OK!
同期として、ライバルとしてお互いの存在がとても大きい事を再認識した2人。
どんな時も力になる仲間がいるって、本当にありがたい事。
だんだんとテンションも上がってきて、続いての質問。

【Q3】社長と濃厚な3日間を過ごして知ることができた、社長の新たな一面は?
髙橋 : 社長とさぁ、内定式の時は1泊だったから、2泊3日一緒にいるっているのは初めてだったじゃん。
多川 : そうだね。
前から感じていた部分でもあるんだけど、社長と一新入社員っていう関係がないかな?。
すごく話しやすくて色々質問もしやすいし。
学生までの印象だと、社長と新入社員っていうと話しかけづらいって思ってた。なかなか関わりづらいし、社長に時間を取らせるのも申し訳ないなって感じで思ってたんだけど、そんな感じじゃなくて、すごい時間を使ってくれるし、そこに対して自分も応えていかなきゃなぁ!って思った。
社長の一面ていうと、すごい気さくで話しかけやすいっていうのはこの2泊3日で思ったかなぁ!
髙橋 : 社長とか課長とかってさぁ、学生の頃とかだとほぼ会えない人だと思ってたじゃん。距離感近いのは“いわい”ならではかな?って思うね、俺は。
多川 : 確かに、距離感が近いよね(何度もうなづく)。
うん、そこはすごくいいなって思う!
例えば営業所に来た時もさ、1回だけしか話さない、挨拶だけ!とかじゃないじゃん!
多川 : 社長から、どんどん関わってくれるからすごくうれしいし、こっちからいくのもそうけど、社長からも声掛けてくれるのがすごくうれしくて、まぁいじられる時もあるけど(笑)
髙橋:そうだね(笑)俺は初めて知れた部分は、社長って自分磨きとかさストイックな所が多いじゃん。
筋トレしたりとかさ、食事にも気を付けてるし。。
でもお菓子とか食べてたじゃん!
多川 : (何かを思い出したように激しく同意)食べてた!食べてた!
髙橋 : ずーっとストイックじゃなくて、メリハリって大事だな!って思ったんだよね。
社長はたぶん逆算するからさ、体重とか体脂肪とか考えて。社長研修がこの日にあり夜は食べるから、前々日から抑えてきて食べてるんだろうし!でも、甘いものが好きでその日はすごい食べてて(笑)
多川 : 逆に食べないの?って感じだったもんね。俺ら二人に。
あれは思わず笑ってしまった!(笑)
髙橋 : やっぱメリハリは大事だな!って思った。
多川 : だね。俺は入社してから7キロ太ったからなぁ。。。。。
髙橋 : えっ!?そんな太ったの?
7キロはやばいね(しみじみと発言)
多川 : 最近2カ月くらい体重測ってなかったんだよ、そしたら気付いたら太ってて。。
社長の腹筋とか触らせてもらったんだけど、腹筋すごいじゃん!あぁやっぱ、自分の事気にしてるなぁって。
やっぱりすごく意識してんだなぁって。
多川 : 営業マンはスーツをキチッと着たりするじゃん!
その時腹出てたりしたらダサイじゃん!って思って。
自分でも平日にちょっとずつやっていてって、週末に“いわもん”っていういわいの筋トレグループに参加させてもらって自分のサイクルをルーティンにしていこうかな?って。
髙橋 : やり続けるって大事だよ、筋トレも。いろんな事もそうだけどさ。
で?いつまでにバキバキになるの????(笑)
多川 : (あたふたしながら)いや、バキバキはちょっとね(笑いながら)あのーそこまで目指せるかは分かんないんだけど
髙橋 : (ちょっと面白がっている)
多川 : とりあえず5キロくらいは落として、カッコよくスーツを着るっていうのが今目標で。
髙橋:うん、そうだね。
社長は、いつでもカッコ良いからね。

俺らはまだ20代で腹筋がチョコチョコしかないのに、社長はもっともっと上なのに筋肉バキバキじゃん。だから、俺らもね、気をつけて体調管理してかないと。見る見る太る一方になるから、ね!
多川 :(痛い所を突かれてだんまりしている)
髙橋 : 自己管理をしっかりしよう!
多川 : 自己管理はしっかり、、(自分に言い聞かせるように)
次会った時太ってたら怒ってほしいな。ここでの誓いに対して。
髙橋 : よし!じゃあ次会う時は、自慢話を持ってるけど、体型も。
多川 : 体型もしっかり、崩さずに太らずに絞って。『あれ!なんかシュッとしたね!』って言われるように。。
髙橋 :(声を出して笑う)
社会人としてメリハリが大事という事に気付いた二人。
そして身だしなみを整え、常にカッコよくい続ける事を誓った。
いよいよ最後の質問です。
㈱いわいに入社し、人間力を学び、価値観、考え方を学んできました。㈱いわいでどんな活躍をしていくのか?志高く目標を持って向かっていく事は、日々の質を高めます。【何の為に】がある事でどんな障害や困難にも立ち向かう力が備わります。

【Q4】3年後どんな姿になりたいですか?
多川 : どんな姿になりたいか。。。ここね、すごく重要だからね。どんな姿になりたいか。。。
3年後って言ったら25だね。
髙橋 : 4年目だから主任にはもうなっている!という感じかな、まずは。
多川 : もうすでになってる?!
髙橋 : うん、もうすでになってる。というところを今目指してて。主任っていう立場だと、また見える景色とかも変わってくるじゃん。お互いブラザーがどっちも主任じゃん?ブラザーの関係でもありながら主任だから学べることって結構多いでしょ!
多川 : いやぁ、めちゃくちゃ多いね!
髙橋 : 3年後って事は、新入社員が下に3期いるって事で、自分たちが教えられる立場から教える立場に来年からなるけど、さらに自分たちの3年間営業やってきての経験を踏まえながらも話せるじゃん。
色々成功体験も失敗体験も。
それは先輩社員にとっての役割だしさ、ティーチングもありながらもコーチングもしてっていうところと。
どんな主任になりたいかなぁ!って俺は最近よく思うんだけど、課長・係長が上にいてさ、下には新人や営業・内勤がいて、その中間部分が主任だと俺は思っててさ。
係長・課長からの指示とか声とかを同僚や後輩に発信するのもそうだけど、やっぱ俺は同僚・後輩の方を注力してみたいなと思ってる。今主任から面倒見てもらってて、あのいろいろな学びがあるから成長させてもらってる部分があると思うし、自分もそれを味わったからこそ、これからの後輩に色々と教えてあげたり、考えるきっかけを与えられるぐらいの主任になりながらも、営業としても数字の部分は貪欲にいきたいなって思ってて。。。
数字達成しない日が続くと、会社の雰囲気とかもさ、ちょっと落ち込んじゃったりするし。。。営業の使命のところだよね。営業はやっぱ数字を達成させる事が使命だと思ってるから。
自分の数字もそうだし、他の人達の数字も上げられるくらいにしないといけないかな?っていう風に思ってる。
そこが俺が目指す姿。
多川 : ありがとう!
(髙橋の夢を聞けて同期として応援したい気持ちと、ライバルとしての嬉しい気持ちでお互い笑いあう)
髙橋 : 多川は?どんな感じですか?3年後。
多川 : 今鮮明に捉えているのが、髙橋と一緒で俺の場合は昇格試験を受けるのが4年目って考えてて、昇格試験を受けて合格して4年目中に主任になる!っていうのが今の目標で。

後輩に俺も注力したいなっていう気持ちが強い。
田沼主任に教えて頂いていて、そうやって自分も教える立場になりたいな!っていうのがすごくある。
それに教えたその子達が達成して楽しい!!とか、そういう風に思ってもらえるようなこともしていきたい。

達成したらすごく楽しいし、明るくもなる。そういったチームを作れて、教えて自分で出来るようにする!っていうのが一番だと思うし、関わっていけるのは現場の中でも任されてるのは主任だなって思うし。
だったら現場の中のトップの主任になるっていうのが自分の中での目標になってる。
多川 : 主任になる為には、人間力や感謝力、決断力を高める必要がある。まだまだ足りてないのでどういう風に成長していけば、目指す主任になっていけるのかなぁと思ってて。
感謝力であったら1つ1つしてもらった事に対して感謝を伝える、チャットでも何でも。やっぱり思ったことは口で伝えたり行動で示さないと伝わらないじゃん。
だから感謝力は行動でしっかり相手に伝える事で高めていって、そこから人間力に繋がっていくと思う。
決断力に関しては、かなりの不足部分と捉えてるから、本を読んで、自分の考えを身に付けてそれを基に自分なりにその本を吸収して自分の軸を持って行動していけば、おのずと決断力がつくのではないかな?って。
それを身に付けてこそ、後輩を指導出来る立場になると思うから認めてもらえる、応援してもらえる主任になりたいな。っていうのが自分の3年後の姿です!

髙橋 : うん。後輩が来年入ってくる時は楽しみだよね!
多川 : めちゃくちゃ楽しみ!!にしてる!
髙橋 : 自分たちの1年前の姿が出てくるわけじゃん。やっぱ緊張してたなぁとか、色々さ、そこから学ばせてもらう事も多いじゃん。
初心を忘れずにっていう事でさ、自分もああいうミスしてたなぁとか。
次は自分たちがボルトの知識や色んな知識を後輩に教えたりする機会が増えるじゃん。
そこでまた再確認も出来るし。
多川 : 特に2年目はさ、入って1年目の先輩だから、関わり合いも後輩からしたら関わりやすいのかな?って。
俺の場合、曺さんっていう先輩がいるんだけど、曺さん1年上の先輩なんだけど、帰り道も一緒に帰るし、すごい関わってくれてるし、そういった意味では1年上の先輩は、なんていうのかな?関わり易いのかな?って。
多川 : 1年前にやった事だから、色々ボルトの知識の事も教えてくれるし、悩んだ部分も教えてもらったり。
後輩に近い存在だからさ。

髙橋 : いい刺激になりそうだよね
多川 : そうだね!負けないようにやらないと!って思うよね。
さすがに後輩に負けてられないぞ!って野心も出るだろうしね!
髙橋 : 楽しみだね!
多川 : 年始会議とかで会えるんだろうね。
髙橋 : おぉぉ。あの時めちゃくちゃ緊張してたからな(笑)ほぼ覚えてない(笑)
多川 : (爆笑しながらふと自分はどうだったか考えだす)
そうだよ!俺も全然覚えてないんだよね。
行きの車でさ、なんも話してなかった気がする(笑)すごい緊張してて。
帰りの車は割と話せたんだけど、行きは無言でいた記憶しかなくて・・
髙橋 : もし来てくれたらその気持ちを俺たちは知っている訳だから、打ち解けやすい雰囲気にしないとね
多川 : ウェルカムウェルカム精神で(笑)
髙橋 : 多川は大丈夫だよ!その雰囲気だもん。
多川 : あんまり舐められないように。。いい距離感の中でやっていくよ(笑)
まずは1年後先輩になる為に指導出来る立場になれるように日々頑張っていく事を再決意した二人。
そして目標とする3年後。お互いが主任になり、上司と部下の間に入りながら達成ばかりの楽しくうれしいチームを作りたい!

その2人の関係はどんな姿になっているか?追加質問をしてみました!!!
髙橋:3年後の俺らの関係は、悩んでる回数の方が多くなるのかな?って。電話とかする内容とかもやる事が少しずつ変わってくるから相談事が増えるかな?って。
多川 : 確かに増えそうだね。でも明るくいきたいかな。この感じは忘れないようにしたいな。
今のこの新鮮な勢いのある雰囲気はなくさないようにしたいな!
髙橋 : そうだね。励ますじゃないけど、高めあいたいよね。
髙橋 : 違う部署にいるけど、同じ会社にいる訳だから、お互い主任として盛り上げていこう。3年後は、きっと毎日数字見合ってさ、いろんなアドバイスもあるだろうしね、お互い。状況とかも知りたいじゃん。

多川 : 3年後の将来ビジョンを3年後も聞きたいなって思う。
そういうのもゆっくり話し合える関係でもいたいなぁ!って
髙橋 : そうだね。同期は多川しかいないからね!すごい貴重な存在でもあるしさ。最初は2人って少ないなって思ったけど2人で良かったかもしれないね!
髙橋 : 結構さ特殊だったじゃん。(コロナで)入社式もなく始まったから。
髙橋 : 関われる回数がないけど、色々関われる機会をもらってるから。今回のこのクロストークでも。
関係性は3年後も変わらず、この感じのままで話す内容は大人になってるはずだよね、仕事面とかも。
多川 : そうだね。仕事面はしっかり成長した話の内容で(笑)
ちょくちょくふざけつつ(笑)しっかり笑いもあり、こういう関係がいいかなぁ!って。
楽しく話し合える関係がいいかな?って。
楽しいと意見言いやすいじゃん!暗いとさマイナスな意見を言っちゃうから落ち込むじゃん。
髙橋 : 楽しくまじめに!
俺と多川の性格じゃない??
楽しいという感情が多川!まじめっていうのが俺の性格。
それを掛け合わさった会にね。3年後はそういう感じかな?
多川 : 3年後はそういった関係にね!!
髙橋(まじめ)× 多川(楽しい)のコラボチームが、いわいに『新しい風』を吹かせていきます。

一流になる為に、止まる事なく走り続けていきましょう!

頑張れ!TTチーム!!
RECRUIT
リクルート
テーパーライナーはこちら
TOP
Copyright (C) Iwai K.K. All rights reserved.